読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ宇宙の塵だとて

ちょっとだけつぶやくことが出来なくて、長くつぶやくブログです。

音楽どころではないっ!?

いや〜〜久々すぎて前まで何書いてたか忘れてますけど

見返しもしないっていうね。

個人的にいろいろ達成してワイワイしてて忙しかったのです。

年も越しちゃっていますし。Hello New Year今更。

 

あ、そんでもって引越しちゃったら

近所はめっちゃ静かな場所で

同じマンションの住民も静けさを重んじる夜更かし全くしないタイプのようなので

音楽に関すること、まーーーーーったく放置状態。

逆に新しい仕事で覚えなきゃいけない

というか使わなきゃいけない技術?とか言語?とか

「理解」とか、たーーーーーんまりあって

正直音楽どころではないんです。

はい。闘ってます毎日と。

 

「シンガーソングライター」なんて肩書き掲ておらんし

ただの日本に住んでる確実に30代の女ですから

それなりに人生送っていかないと

世のためヒトのためにならないんだわ。

 

ってことで社会貢献という名の税金納める事とか

コツコツしてます。

はい、東京のはじっこのほうから

毎日東京の中心のほうに向かって頑張ってまーす。

近況以上。

 

あ、でも、やっとMac Book Air ちゃんを手に入れたので

様々なSNSにも前より顔を出そうかと思うとります。

そんでもって近所にちょーーーーお手頃な料金のカラオケ見つけたので

喉を慣らすには一躍かってる。たすかる〜。声出さないと死んじゃう。

ま、音楽は他人が知らない間にやってるという感じが

いいんじゃないかな・・・・・ふふふふふ

BONNIE PINKサマサマ

彼女のことを

これまでスルーしてきたことを反省しています。

好きでそうしてたんじゃないの、自然と聴いてなかっただけ。

 

彼女にはコアなファンがいるようなので

私なんぞがあれこれ言える立場じゃないんですけど

数年前の日焼け止め化粧品?のCMで流れた「A Perfect Sky」

それまでほんとに耳にしてないから

あれ、こんな感じの人だったっけ、という感触でいて、で

 

そのまま・・・。(もったいない)

 

むかーしむかし学生の頃

BONNIE PINKのコピーをしているバンドがあり

当時私は椎名林檎祭り(3枚目までのアルバム曲全部歌えるっ)だったので

ほーーーーーーーーーーーーーんとに

もっと早くボニピンに着手していたかった・・・

 

なんというか、リスペクトってとこです、簡潔に言うと!

貴方のすべてをリスペクト!ってとこです。

 

だから最近だとドラマの主題歌で「冷たい雨」とかあったね。

あまり英語が全面に出てない曲などもありますし、

英語ばっかの曲も耳に心地いいんですわ。

そうだなー、昔の曲だと「犬と月」とか「Evil and Flowers」とか

「眠れない夜」とかいいわね〜

王道の「Heaven's Kitchen」とか、すごいですよ。

気になったのは「Surprise!」という曲。

歌声はもう今とはちょっと違う無骨な感じをうけるんだけど

熱い思いとその歌詞がまたかっこいいわけ。意志を感じます。

あー、他もね、全部素晴らしい。じわじわきます。

 

は〜、べんきょの合間にひと時の音楽話ですた。

 

 

 

 

 

 

誰もが評論欲求者

今とある社長さんたちの本を読んでいて

面白い一説。

ネットが普及して世の中の全ての人が

ああだこうだ言える状況。

評論家でもないのに自分の立場を守りながら

言いたいこと言う人の多いこと多いこと。

人間ってもともとそういう欲求を持っているのか、と。

 

はたと、自分はどうか考えてみて

twitterとかではたまにそういうこと言ってたりしないか

心配に・・・

 

この著者たちが言いたいことは、

自分の起こした行動や発言に対して

感想をちゃんと言ってくれると嬉しい(出来たらその場で)

さらに、まずは褒めてから、そして気になることを伝える、というスタイルが

相手のことをよく考えて思っているという証になる、(と、こんな感じ?)

 

まぁ関係性によってお世辞とか出ることあるかもだけど

相手のこと、どうでもよかったり、言っても話聞いてもらえないかもと思うと

自然と萎縮しちゃって話しかけることもないかもな。

気づいたことがあったら伝える、か。

大事だよね。

 

そういや会いにいけるアイドルのファンの皆さんは

握手会に行って、自分の感想を直接アイドルに伝えるのが

醍醐味みたいに語っておられたな・・・

そりゃファンは彼女たちのたくさんの活動をくまなくチェックして

応援してるわけだもんね、良いも悪いも見えてくるわな。

 

♪〜BGMにSixpence None The Richerのアルバム『Divine Discontent』

意味はないけどiTunesからランダムに。久々聴いた。

 

 

 

 

スモークチーズの思い出

昔、っていっても中学生のころか

冷蔵庫にあったお徳用のスモークチーズ

貪り食っていたことを思い出す・・・

 

小さい包みだから

調子に乗って必ず5個以上は食べてた。毎日。毎日。

学校から帰ってきたらすぐ食べる。ご飯前でも食べてた。

 

燻製・・・あの独特の香りが

なんか病み付きだったな。

 

でも一緒にがぶ飲みしてた烏龍茶の摂り過ぎのせいか

ある日貧血で倒れて病院行って

赤血球の数値が妊婦さん並に低くなってると・・・

勿論妊婦じゃないので異常値ですよ。

増血剤まで出される始末。

思い当たる節は上記二つの食材の大量摂取?

それ以外は毎日普通に家族と同じ食事だったから。。。

医者も不思議そうだったけど

烏龍茶により摂ってたはずの栄養素、みんな持ってかれてしまったとか。

 

スモークチーズ大量食いと烏龍茶がぶ飲みを止めたら

貧血おさまりまして、以後極度の貧血起こっていません。

(私は烏龍茶をことあるごとに大量に飲んでたのでね…)

もう少し考えて食事をする中学生であればよかった。

とにかくスモークチーズ大量食い止められてよかった。

 

おわり

爪やすり

f:id:yamiimorita:20140630120757j:plain

これが最近お気に入り。

無印良品のもの。Made in Germanyってことで惹かれたっ。

すごく小さくて折りたたみ出来て持ち運びにいい。軽い。安い。

荒い面とキメ細やかな面。

爪の長さが気になったら即使用。

使い終わったらさっと水洗いして乾かして、

使い捨てのヤスリじゃないから愛着がわいてくる。

 

普通の爪切りはもう使わないかな。

風呂上がりに爪切りすると、爪を痛めないらしいけど

いつも忘れます・・・

 

ギターの弦を押さえようとする時、

長ーく伸びた爪だと思うように弾けません。

なので爪は常に短いのです。

とくに長ーい爪に憧れも無い。長ーい爪の人の仕事中のキーボードカチカチ音、

けっこう気になる、けど、言わない。

そのうち爪折れるだろう・・・とか心の中で思う悪魔な私。

 

話戻りまして

ちょっと伸びすぎると、なにかの拍子に爪がめくれそうになる時は、

一瞬血の気がひきます。

そんなことになりたくないので、ネイリストさんの見よう見まねで

シュッシュと爪をやするのです。

この商品結構ロングセラーみたいですね・・・。

四年間

世間はサッカーの話題で盛り上がっている。

予選が四年前だなんて、ちょっと忘れてた。

それくらい時に固執しないで生きてきたんだなと

少々後悔するものの

自分の環境はその四年でさほど変われず

生きていることだけが証明されている。

前の環境からは(五年前に越してきてるので)確実に変わったし

キャリアといえるのかわからないけれど

前よりは上の試練を課してきたつもりだけど

あまり自分を奮い立たせることができなかった。

 

 

  世界を変えたいと行動する人は自分が変わるし

  自分を変えたいと行動する人は世界を変えられる

 

ふとそんなことを

洗い物しながら思っちゃうわけです。

 

そうありたい自分。

 

浮遊・・・

素直に生きると怠惰になるし

厳しく律すれば窮屈を感じ

きっと目的がはっきりしない私の進み方は

とても不安定

そのくせ普通に生活することは捨てられないから

そのためだけに行動は起こす

 

いつもそうだ

 

なんとなく逃げたいけど逃げても一体何処へいく?

結局何処にも逃げ場なんてなくて

ただその目の前に広がる道をまっすぐ進むために

壁を乗り越えたり穴を飛び越えたり

スーパーマリオのようにゴールにむかって直走る。

よく考えれば、逃げるにもその目的がなければなんだな。

 

 

ふと大学時代の友達は今何をしているのかなと

お節介にも検索してみたら

Facebookやっているようです。

 

私はやってませんし、その予定はありません。

本名なんて在って無いようなものなんだよ。

名乗りたくない。

文字と写真で人のことサラっとわかったような気にさせる

不思議な世界。

捻くれ者には必要ないかも。