読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ宇宙の塵だとて

ちょっとだけつぶやくことが出来なくて、長くつぶやくブログです。

快調に走った結果

休日はできるだけ近所の公園付近を走ろうと思い

久々走った。2キロを3本。

そんなに力まず、自分としては軽いジョギング。

昔よく地元の田んぼ道、親と走ったな〜なんて懐かしみながら。

運動が得意そうに見えない体型だったから、小学校のころは

ドッチボールで大活躍しても、走れない私の評価は低かったな。

脚が重い、ということに最近気づいたんだものさ。

そんなことをグルグル思って走る。

 

ふぅ〜、適度に汗もかき、身体もさぞかし喜んでいるだろう、

と思いきや

おそらくこのせいなのか月曜はだるさ、火曜そして今日

筋肉痛ではない「痛み」におそわれている。

でも今日はだいぶいいほうだ・・・。

月曜の夜から昨日にかけて、右の胸骨あたりがずっと鈍痛。

残念ながら胸の成長痛ではないため、病気??病気???

とか心配になりネットをさまよい疑心暗鬼、そして自己嫌悪。

 

だめなんだよ、だめなの、ネットで自己判断!!

医者が一番嫌うタイプだよ私の行動!

 

悩みながらストレッチしてみると、お、いいかも。

身体が伸びて痛みが和らぐかも。

これはなんかしらの神経痛かしら・・・なんてね。

だっていつも身体痛いと「肋間神経痛」って言われる。

言われなかったこと、無い!

 

とにかく、ヤバい病気だったとしたら

本当にのたうちまわるくらいどうしようもない時にはじめて

医者に転がり込むのがベスト。

病気と診断される。だろう。たぶん。

このなんだか身体が痛みますぅ...程度で病院に行っても

医者もわからん、というよ。湿疹も出てないし。

 

我慢リミットは3〜5日(か、7日)

これで痛みが引かない時、私は病院に足を運ぶ。

すいません、痛いんです、と。

ま、行ったとて、一週間くらいじゃあ様子みましょうって言われる。

つまり、10〜12日くらい経つと、本当にヤバいかどうか・・・。

さすがに湿疹出たらすぐ皮膚科行きますわ。

だってそのままだと自分が気持ち悪い。

 

とにかく無理せずよーくストレッチしてから走り、

終わったら十分すぎるくらいストレッチしてから寝よう。

あの日怠ったことは認めます。

まだ若干鈍痛します。

Debussy

クラシック音楽、詳しくないのですが

たまにこういうインスト聴きたくなります。

インストって言っていいんでしょうか。

わかりませんが、歌の無いものをそう呼んでしまう

愚かな私をお許しください。

 

ローラの出ているGUのCMで(これも数ヶ月前になっちゃうか)

ドビュッシー、使われてましたのね。

なんか聴いたことあるな・・・と。

数少ない私のiTunesに、その曲は入っておりました。

 

アラベスク1番

あ、そういうタイトルだったのね・・・

クラシック音痴ですみません。

 

しずか〜なピアノの音で始まり、駆けていくような、

踊っているような、な〜んにも邪魔するものが無い、

芝生の上、高く広がる青い空、

両手をおおきく広げていい、目を瞑って自然に倒れても

柔らかい大地が受けとめてくれる、

喧騒から解放されたような世界。。。

 

そんなイメージで聴いてます。(日によりけり)

ついでに空気が美味しく感じられる場所・・・

妄想は続く。

 

 

普段低音重視の音楽で耳がなにげに疲れている私には

耳を労る大事な曲だな〜と思うのです。

 

 

 

スピッツのツボ

はっきり言ってツボ、たくさんあるから

一つ二つあげたくらいじゃ止まらない、まとまらない。

 

アルバムを1th〜12thまでと『オーロラに・・・』『花鳥風月』『色色衣』

を所持。シングルも過去数枚買ってみたけど、

アルバムをよ〜聴き倒しまして。

 

ただこの数年スピッツ離れを起こしており(肉離れみたいにね、あー大変)

彼らはコンスタントに曲を発表する素晴らしいバンドだから

知らない曲が増えてきてる現状。あわあわ。

 

そんな折、「シロクマ」見つけました。

 

うわー。私が当時就いてた仕事で慌ただしい毎日を送っていた時期

発表されてる!

 

草野さんの歌詞には惚れ惚れしますわ。

素直になれない私にはなかなか生みだせない言葉を彼は紡いでくれる。

その美しい柔らかい生地でもって、世の中の腐った心を包み込んでくれる。

大好きなスピッツ

 

もうスピッツ離れは治りそうです。

さーて勉強するかっ。

二物を賜りし者

なんて、大げさに言ってみたが

二物どころか三つ四つ五つ・・・・・数え上げればきりがないほど

この人備わってんな〜って人間いますよね。

 

実際賜ってるわけじゃなく努力で勝ち得ていることもある。

そういう人は輝いていて、私にはとても眩しい・・・

昨日テレビで観た二階堂ふみさんはつくづく宮崎あおいさんに似ていて

かわいくて似ているって、最強だなって思った。(両親のDNAウラヤマッ)

まずその容姿にして、彼女たちの作品のなんと魂のこもっていることでしょう。

これまた天性の・・・なんて言ってもいいですが

あの撮影に打ち込む、役にのめり込む、その努力がなければ

どんなにかわいくてもあんな演技できないです。個人的な感想です。

ふぁ〜、全く敵わないわ、容姿も根性も。

 

「天は二物を与えず」

 

まぁもらえるものって少ないから、もしくはもらってないか、気づかないか、

あとは自分の努力次第なんでしょうが

正直、天からもらえるものによって

人生変わりますがな。

 

できたらもらえるものには容姿端麗がよかったな・・・

DNA的に無理なのは、物心ついて鏡をまじまじみるようになって

初めて気づくんですけどね(笑)

鼻が高くて綺麗な瞳、すらっとのびた脚、くびれた腰という

抜群のスタイルの良さで(←ここまでで真逆が自分に当てはまる悲しいDNA)

弦をつま弾き、のびのよい自由自在の声色を持つ

Jewelとかだったら最高ね。

 

努力するしかない我が人生に幸あーれ。

 

 

 

思案するのってほどほどに

石原加受子さんの『他人に流されない人ほど上手くいく』

という本をなんとなく手に取り、

そのまま一年くらい放置してしまっていた。

 

最近、ちょっと気になりだして読みました。

この本はいわゆる自己啓発のもので、やっぱり心が不安定な時に手に取りやすい:)

いや~・・・なんとも自分に向けて言われている気がして

複雑だけど、納得する部分が多かった。

 

作者の対象としているのは「男性」なんだけど、

私もどっちかというと男勝りなところを自負しているので

あ~、そういう風に思ってる!そうなの!そこは直したいの!と、

文中の「男性」を自分に置き換えて読み進めてみました。

 

これを手にした時期、職場でトントンうまい具合に人生進めてる人間を見ていた。

こっちはいろいろ気を遣って(この考えがいけない??)、

いろいろ会社のことも考えて物事進めているのに、

どうしてあなたは自分の都合で動けるの?

なんで思ったようにいくと思っているの??

なぜいつも他人の意見にかぶせて逆の提案をして、その意見を押し付けるの?

(そして、知らぬ間に上司や一部の人間には「その人物が正しいことをする正しい人間」のように扱われていく)

会社の流れ(税金云々)を知っていて、職場環境を把握して(どういう立ち位置にいればその猿山で生き残れるか、みたいなやつ)、そういう畑に長年いらっしゃったというから、 

んーと、この人勝ち?成功者?おまけに配偶者付き。

これがまさに他人に流されず我が道をいって上手くいくってこと? 

そう思ったら、畑が違うとこにきたやつはすぐ召使い確定。

みんながみんな我が道行ったら崩壊しちゃうじゃない、と。

私の対策としては、価値観の違いと、性格の悪さに気づいて

あえて近づかないという作戦で私はその地獄を乗り切りました。

 

 

で、何よ、この本にはやっぱそういうこと書いてあるのかな・・・

あえて騒がず、でも出しゃばって他人のことは考えない女はうまくいくの?

って気持ちで読み進めた。

 

んー、半々かな・・・

本の対象は男性だから、私のケースにあてはめて考えられないことはわかってたけど

その「上手くいく人」ってのは、仕事もうまくいって恋愛もうまくいくらしいから、

あながちその女は、本の中の上手くいってる人物となり得るんだろうと。

でもね、性格悪いのは、だめーーー!きっとそこだ、私が僻むのは。

人のミスは上司のいるところでわざわざ指摘してくるし、

(え、さっきすんごい時間あったじゃん、なんで今?しかもこの時だけ声デカい)

逆に自分がミスったところを指摘されると顔色が急激に曇り、綺麗な顔が台無し。

(え、怖い、何様?)

私は大抵他人のミスを指摘する時は、上司がいない時を見計らっていましたがね...変な優しさっていうよりは、自分は他人にそうして欲しいアピール。。。だめかな。

さらに思い返せば声の端々にトゲがあって、まるで女王さまみたいだった。。。

妊娠中だったから??いやいや、あんただけだった。

あ、脱線しちゃった。

 

まぁこの本のいわんとしていることは(最後の方に書いてあるんだけどね)

「感情(~したい)」を大事にして、しっかりとした自分の「意志(私は~する)」を

持ち、そして物事に決断を下す、そういう人間は、流されないで上手くいっているよ~

 ってこと。 

感情をおさえこまないことこそ、何事も上手くいく、と。

 

え?とか思っちゃいますが、

つまり感情をおさえこんでいる人間は、ほんとうにやりたいことをできてないから

「上手くいかない…」といつも思って、そしてこれは他人のせいだと考える。

他人のせいでやりたいことができなくて、我慢してやりたくないことやってるのに

うまくいかないよ〜・・・と、どんどん負のスパイラルにはまる。

 

「そうしたい」と思っていても、それをすることで他人に迷惑をかけてしまうのでは・・・とか、自分がしたいことをすることによる結果とかを気にして、

そうなるならこうしたほうがいい、と「思考」でもって自分の行動を決めている、

「感情」をないがしろにして「思考」にふりまわされている!

だから貴方は上手くいかない!!!らしい。

 

ふぅ・・・I will do that !   I will do that !  I will ....!!!

 

ってか。汗出ますね。これが最初からできてたら

ここに長々とこんなこと書いてないってわけ。

引っ込み思案って言葉は、人生においてあんまりよろしくないね。

 

以上

喉が渇く前に

この時期気をつけてるのは水を飲むこと。

もともとあまり飲んでなくて(そのおかげさまでがっつり浮腫み体質になってしまっていたようですが)

水をこまめに摂る習慣をつけにくかった。

水?あ、いーや、味ないし、って。

 

もちろん歌ったりする時は緊張するから口の中乾くので、水飲みたかったりするけど。

気温がじわっと高くなっていくと、知らぬ間に汗とかで体から水分が出て行ってる。

さらにトイレとかで水分出るから、気づくと少し脱水!!

それなのに体内には老廃物が溜まってって、さぁどうしたもんか。

脱水でいろんな病気にもつながるから

水はケチらずに飲みますよ。

 

水太り、って体内に水摂り過ぎ太りではなく

体内の水分流れ悪い太り、だって。

あー。

 

懐古してみた

近所の中学校から運動会の応援合戦練習の声が聞こえる。

もうかなり昔になるけど、私にもそういう時期があって

あの頃は何にも考えてない子供だったから

とにかく毎日をこなすことでいっぱいだった。

授業はさておき、今となってはなぜ運動部に入っていたかもわからず

視力が悪くてよく見えないのに

なんとなくでボールを追いかけて、それでも一生懸命だった。

部活があって、休みの日も学校に出かけて

明確な意志があったなら、何かに突き進んでいたのかもしれないけど

そうじゃなかったから今日の私がいる、のだろう。

 

なんだか書きたいけど思うように文字が打てないのでこれぐらいで。

 

そういや誰かがテレビで言ってた。

ライターの人か、作家か。

お金にもならないのに、一般人がブログとかたくさん書いていたりする、と。

 

素人は、お金もらうために書いてるわけじゃないからねぇ…。

そういう人もいるのかもだけど。